企業でドローン導入を検討されている方へ

カスタマイズ+出張型-ドローン導入プログラムとは?

本ドローン教習プログラムは、法人向けに「基礎的なドローン導入の知見・技術」を導入するのみを目的としていません。各社の業務フローに活用できるように各社ごとに”独自のドローン導入プログラム”を策定し、”ドローン活用の実務ノウハウ”を提供していきます。

具体的には、一般のドローン教習トレーニングでは、取り扱われていない「大型機の運用」、「自動航行ソフトウェアの利用」、「データ加工」を中心にニーズに合わせたドローン導入をヒアリングの元で、ドローンサービス領域でのリーディングカンパニーであるFLIGHTS社が推し進めます。

カスタマイズ+出張型-ドローン導入の特徴

特徴1 各社ごとのドローン導入コンサルティング

FLIGHTS社のドローンオペレーティングサービス「DroneAgent」のオペレータ(の中でもDJI公認インストラクター)が、御社の事情をヒアリングし、必要なドローン導入をご提案していきます。
もちろん目的・予算に合わせて導入のご提案も可能です。

特徴2 業界の最新技術トレンドを生かした導入プラン

ドローンビジネスメディア「FLIGHTS」は、ドローンメディアで唯一ニュース情報のみならず現場でのドローン活用・運用の着目したメディアです。そうしたメディア「FLIGHTS」の運用と、「DroneAgent」での実務ノウハウから、日進月歩のドローン業界でも最新技術をベースに導入をご提案します。

特徴3 出張でのドローン講習への対応(日程も調整可能)

クライアント企業・自治体・団体様によっては、お仕事のスケジュール調整が難しく、固定日程のドローン講習に参加できないという方も多いです。その場合にも、DroneCampならば、ご希望の日程に合わせてドローン講習を実施することができます。

具体的なドローン導入事例

ドローン空撮カメラマンの育成

映像制作会社Aのケース
-ドローン空撮カメラマンの育成

ドローン空撮の技術力は、ドローン操縦ができること、と決してイコールではありません。 「映画のような”ドローン空撮”を実現する10つの掟」に記載されている基本的な撮影の心得〜「18のドローン撮影技法」といった技術が存在しています。 そうした映像制作に用いられる水準の「ドローン空撮」の導入プログラムを提供していきます。

[具体的な講座例]

  • TV・CM・映画の現場で用いられている撮影技法の実践
  • 現場で撮影する上で、世間に知られていない隠れた撮影ノウハウの指導
  • 超小型機(Mavic)、小型機(Phantom4Pro)、中型機(Inspire2)、 大型機(Matrice600Pro)を用いて、機体ごとの特性を解説
  • 一眼レフ、シネマカメラを大型機で運用する方法を解説
ドローン測量オペレーターの育成

土木建設会社Bのケース
-ドローン測量オペレーターの育成

「i-Construction」基準に沿ったドローン測量をベースにして、「自動航行アプリケーションを用いたドローン運用」、「Photoscanによるオルソモザイク化」、「3Dモデル作成」といった、実務にすぐにでも導入できるドローン講習を提供していきます。

[具体的な講座例]

  • 土木建設の現場でのドローン活用の最新情報を解説
  • 自動航行アプリケーションを用いた「土木測量でのドローン運用」を実践
  • Photoscanによる「オルソモザイク化」を解説
  • 福井コンピューターなどのソフトウェアによる「3Dモデル作成」を解説
  • 一眼レフを大型機で運用する方法を解説
  • 各種必要な機材の選定をコンサルティング
ドローン空撮カメラマンの育成

電気施工会社Cのケース
-ドローン家屋点検オペレーターの育成

「不動産物件の家屋の状況を瞬時に把握したい」というニーズが、電気施工会社にはあります。
ドローン空撮は「足場を組む作業」を代替するという側面があるので、そうした足場を組む”時間的・費用的コスト”を削減してドローンで家屋点検を実施することが可能になります。
実際に建物を通じて、「ドローン空撮による点検」を実践してみます。

[具体的な講座例]

  • 家屋点検の実施
  • GPSモードだけでなく「ATTI(手動操作)」での、ドローン操縦の訓練を実施
  • 目視外飛行のドローン操縦トレーニングの実施

お問い合わせ

氏名必須
会社名任意 個人 法人
TEL必須
MAIL必須
ご相談内容(お申込み)必須
先ほど見ていたページに戻る